末松賞「ディジタル技術の基礎と展開」支援

「末松賞『ディジタル技術の基礎と展開』支援」(以下、「本支援」)は、将来の基盤技術としての「ディジタル技術」に関心を持った若手研究者の育成を目的とし、コンピュータ、ロボティクス、ネットワーク技術などとそれらの活用に関する研究に関して、幅広い支援を行うものです。


末松基金と本支援設立の背景

元学長である末松安晴栄誉教授は、本学で行った光ファイバ通信の研究、特に動的単一モードレーザの先駆的研究が、大容量長距離光ファイバ通信の発展に寄与し、社会に貢献したとして2014年日本国際賞を受賞されました。
末松栄誉教授の、「若い人たちが様々な分野で未開拓の科学・技術システムの発展を予知して研究し、隠れた未来の姿を引き寄せて定着させる活動が、澎湃として湧き出てほしい」との思いから賞金の一部を寄附頂いたことを受け、その思いを継承し、研究活動を奨励するため、「末松基金」を設立することとしました。
また、基金設立時より賛同いただいている、株式会社ぐるなびの滝久雄代表取締役会長より更なるご寄附を受け、本支援支援が設立されました。


申請について(学内限定)(※ R1年度の募集は終了しました)

(参考)令和元年度 末松賞「ディジタル技術の基礎と展開」支援 募集要項
                                              


支援採択者

令和元年度「末松賞『ディジタル技術の基礎と展開』支援」採択者4名が、学内外の審査員による審査を経て決定しました。

令和元年度末松賞『ディジタル技術の基礎と展開』支援採択者

所属 職名 氏名 研究課題名
理学院院
科学系
助教 大津 博義 フレキシブルメモリの開発
物質理工学院
応用化学系
助教 清水 亮太 AI-Robotシステムを活用した高Liイオン伝導を示すポリアニオン複合酸化物の開発
科学技術創成研究院
未来産業技術研究所
助教 水野 洋輔 任意波形による光周波数変調に基づくブリルアン光相関領域反射計の性能向上
学術国際情報センター
情報支援部門
准教授 松浦 知史 AI/機械学習を活用したセキュリティ事案対応における意思決定手法

授賞式

令和元年度「末松賞『ディジタル技術の基礎と展開』支援」授賞式が9月5日に行われました。 

【末松栄誉教授と授賞者を囲んでの記念撮影】

  • 令和元年度末松賞「ディジタル技術の基礎と展開」支援 授賞式を開催  
    詳細は「東工大ニュース」でご覧ください。
  •